Microsoft Officeを比較! Office 2019とOffice 365

昔は、Officeは買い切り版の(パッケージ版)ソフトでしたが、最近はサブスクリプション(月額・年額制)により複雑になり、どれを購入するかを迷ってしまう人も多いです。

この記事で伝えること

  • Officeにはどんな種類があるの?
  • 永続ライセンスとサブスクリプションの違い
  • おすすめ!使用用途別に紹介

目次

Office の種類

大きく分類すると3種類あります。

  • 永続ライセンス「Office 2019」(従来のパッケージ版、買い切り型のソフトウェア)
  • サブスクリプション「Office 365」(月額・年額制)
  • プレインストール版Office Premium(PC購入時にインストールされてる)

永久ライセンスの特徴

  • 従来のパッケージ版Office
  • 一度購入して、サポート期限が切れるまで使用する
  • 購入後一切無料
  • 永続ライセンス版はiOSAndroidには対応されません

Officeのサポート期限は何ですか

永続ライセンスを購入すると、永続に使用できるというと、そうではありません。

マイクロソフト製品は、発売後少なくとも5年間のメインストリームサポートを提供し、その後少なくとも5年間のサポートを延長します。 2つのサポートを合わせると、合計10年間のサポートがあります。

メインストリームサポートと延長サポートの違いを簡単に説明します。

メインストリームサポート:新しい機能とセキュリティ更新プログラムが提供されます

延長サポート:利用可能なセキュリティアップデートのみ つまり、延長サポートの期間を過ぎた後に脆弱性が発見されても、対策は講じられず、非常に危険な状態になってしまう可能性があります。

ウイルスやランサムウェアに攻撃されるリスクが増加します。 延長サポート期間が終了した後でもOfficeを起動でき、引き続き使用できますが、お勧めしません。

それでは、サポート期間が終了するまでのライフサイクルを考えてみましょう。

Office 2019の延長サポートは、Office 2016と同じ日に終了することに注意してください。

永続ライセンスのOfficeを購入した場合は、延長サポートが切れる前に買い替えることを検討してください。

Officeのバージョン 延長サポートの終了日
Office 2010 2020年10月13日
Office 2013 2023年4月11日
Office 2016 2025年10月14日
Office 2019 2025年10月14日

サブスクリプションの特徴

サブスクリプションとは

この方法は、アプリケーション(ソフトウェア)またはサービス契約中にのみ支払います。 月額XXX円、年額XXX円と同じです。 今まで、Officeは買い切り型(パッケージ版)であり、長期間使用できますが、「Office 365」と呼ばれるサブスクリプション型を使用できるようになりました。

Andorid、iOS対応

iOS Andoridアプリは無料で使用できますが、Office 365にサインアップすると、すべての機能を使用できます。

常に最新バージョンを使用できる

Officeは2007年、2010年、2013年、2016年、2019年、および約3年でアップグレードされました。 新しいバージョンがリリースされるたびに新しいバージョンを購入したユーザーには、サブスクリプション版が推奨されます。

Office 365 Business・Office 365 Business Premiumの注意点

既にMicrosoftアカウントを持っている場合でも、Office 365 BusinessおよびOffice 365 Business Premiumを使用することはできません。 新しいビジネス用アカウントを作成します。

Office 365 Soloは家庭向け、Office 365 BusinessおよびOffice 365 Business Premiumは会社用ですが、個人でもサインアップできます。 既にOneDriveがある場合は、新しいものをアップロードする必要があります。

プレインストール版Office Premium

PCを購入すると最初からインストールされているOfficeは「プレインストール版」と呼ばれ、パッケージ版とは異なります。 プレインストール版は、購入時のPCでのみ使用できます。

場合によっては、CD-ROMのプレインストール版を別のPCにインストールすることもできますが、これはライセンス違反であることに注意してください。

回は、OfficeをPCなしで購入するため、Office Premiumのプレインストール版は比較から除外されました。

Office含めるアプリと価格の比較

Office 2019はWindowsで対応しているバージョンはWindows 10のみです。ご注意ください。

プラン 購入方法 使えるアプリ インストール台数 価格(税込)
Office Professional 2019 永続ライセンス (買い切り型) Word Excel PowerPoint Outlook Publisher Access 2台のPC ※Mac版はありません ※OSはWindows 10のみ 65,784円
Office Home & Business 2019 永続ライセンス (買い切り型) Word Excel PowerPoint Outlook 2台のPC ※MacWindows 10のみ 38,284円
Office Personal 2019 永続ライセンス (買い切り型) Word Excel Outlook 2台のPC ※Mac版はありません ※OSはWindows 10のみ 32,784円
Office 365 Solo サブスクリプション Word Excel PowerPoint Outlook Publisher(Windowsのみ) AccessWindowsのみ) OneDrive(1TB) Skype(通話が毎月60分間無料) インストールは無制限 同時に5台まで使用可能 12,984円/年契約 1,284円/月間契約
Office 365 Business サブスクリプション Word Excel PowerPoint Outlook Publisher(Windowsのみ) AccessWindowsのみ) OneDrive(1TB) 合計15台 最大で5台のWindows PCまたはMac、 5台のタブレット、 および5台のスマートフォン 11,800円/年契約 1ヶ月あたり990円 ※年契約のみ
Office 365 Business Premium サブスクリプション Word Excel PowerPoint Outlook Publisher(Windowsのみ) AccessWindowsのみ) OneDrive(1TB) Exchange SharePoint Microsoft Teams メールボックス50GB 合計15台 最大で5台のWindows PCまたはMac、 5台のタブレット、 および5台のスマートフォン 17,952円/年契約 1ヶ月あたり1,793円 ※年契約のみ

※価格は税込です。

※永続ライセンス版はAmazonや家電量販店などで少しだけ割引されていることが多いですが、掲載しているのはMicrosoftの公式価格です。

使用年数と料金の比較

「Publisher」か「Access」が必要であれば永続ライセンス版Office Professional 2019を購入してサポートの切れる2025年までの5年間使用するとしてもサブスクリプションの方が若干お安くなっています。

使う年数 Office Professional 2019 Office Home & Business 2019 Office Personal 2019 Office 365 Solo Office 365 Business Office 365 Business Premium
1年目 65,784円 38,284円 32,784円 12,984円 11,800円 17,952円
2年目 65,784円 38,284円 32,784円 25,968円 23,600円 35,904円
3年目 65,784円 38,284円 32,784円 38,952円 35,400円 53,856円
4年目 65,784円 38,284円 32,784円 51,936円 47,200円 71,808円
5年目 65,784円 38,284円 32,784円 64,920円 59,000円 89,760円

※価格は定価で税込です。

使用用途別オススメOffice

Windowsで永続ライセンス版を使用するには、Windows 10が必要です。 Windows 8 / 8.1の場合、サブスクリプション版のみが選択できます。

永続ライセンス版「Office Professional 2019」が推奨する人

  • すべてのOfficeアプリケーションを使用したい
  • 2025年にサポート期間が切れになるまで、同じバージョンを使用し続けたい
  • Windowsでのみを使用する
  • Windows PC(Windows 10)に2つインストールできれば十分です
  • ショップでポイントとかセールなどで安く購入することができる

* Mac版はありません。

マイクロソフト自体がサブスクリプションを推しています。 サポート期間が通常よりも短いのはこのためかと思います。

store.shopping.yahoo.co.jp

永続ライセンス版「Office Home&Business 2019」が推奨する人

  • AccessとPublisherは使わない
  • PowerPointが必要
  • 2台のPCにインストールできれば十分です
  • 同じバージョンを3年以上使用し続ける

store.shopping.yahoo.co.jp

サブスクリプション型「Office 365 Solo」がオススメな人

  • AccessまたはPublisherを使用したいWindowsユーザー
  • WindowsMacの両方で使用したい
  • 「1か月あたり60分間の無料Skype通話」にメリットがある人

1つのアプリしかを使わない場合は、単体製品を購入する

ExcelまたはWordのみを使用したいユーザーの場合、単体製品(永続ライセンス)を購入できます。 1年以上使用する予定の場合は、単体製品の方が適しています。

store.shopping.yahoo.co.jp

参考リンク

superofficeのブログ About OFFICE マイクロソフトAccess  
     
MS Office Access 2013/2016/2019 ダウンロード版 激安価格で販売しております! MS OfficeソフトMS Office 2013、2016、2019、Office for Mac、Accessなど製品についての情報を共有します。 Officeをもっと知りたい!Officeの価格、種類、最もお得な入手方法を紹介します。  
       
Office/Access/VisioについてのBlog Microsoft Office Access 情報 Office 2016 ダウンロード版.安く買える.Office Macを価格で安く入手!