OFFICE2019とOFFICE365の違いは何ですか?

Access 2019 1PC ダウンロード版
Access 2016 1/2PC ダウンロード版
Visio 2016/2019 ダウンロード版
Project 2019 ダウンロード版

強力なオフィスおよび学習ソフトウェアであるOfficeには、ほとんどすべてのコンピューターにさまざまなバージョンのOfficeがインストールされています。学校や職場でほとんど使用されています。 Microsoft公式Webサイトで購入すると、購入できるのはoffice2019とoffice365の2種類がありますが、それらの違いは何ですか?どのように選択しますか? 一緒に見てみましょう。

 

f:id:superoffice:20191205190322p:plain

 

Office2019はオフィスの小売バージョンでもあり、小売バージョンを購入すると、ユーザーは1度購入して、永久に使用できます。 つまり、購入が成功すると、オフィスは固定コンピューターとアカウントに関連付けられ、固定コンピューターでのみ使用できるようになります。 オフィスの小売バージョンはローカルソフトウェアと同等であり、Mocrosoftはセキュリティおよびパフォーマンスの更新を提供しますが、新機能は提供しません。 Officeの新機能を使用したいユーザーは、次世代のオフィスシリーズ製品が利用可能になり購入されるまで待ちます。 異なるプラットフォームの小売バージョンはWindowsMacのバージョンに分かれています。2つのバージョンは同じ価格ですが、アクティベーションコードを混在させることはできません。 バージョンに対して、家庭向けバージョンと学生向けバージョン、中小企業向けバージョン、およびプロフェッショナルバージョンに分けます。3つの異なるバージョンに含まれたパッケージの内容は異なります。 たとえば、家庭向けと学生向けバージョンでは、Word、ExcelPowerPoint、およびOneNoteのフルバージョンが提供されますが、これらは商業生産を許可していません。

 

f:id:superoffice:20191205190344p:plain

 

Office365はoffice2019以上使用できるソフトウェアがありますが、サブスクリプションを通じて購入します。 サブスクリプション期間中、ユーザーはオフィスのソフトウェア機能の更新を取得でき、1つのサブスクリプションで5つのデバイス上のスイート内のすべてのソフトウェアを使用できます。 サブスクリプションの内容に応じて、ホームバージョン、パーソナルバージョン、コマーシャルバージョンの3つの異なるバージョンに分けることができます。

 

2019.2
购买

 

Office2019は永続的な使用に対して支払われますが、最新の機能体験を取得することはできず、固定コンピューターでのみ使用できます。1回限りの支払いのコストは比較的高くなります。 Office365は、必要に応じて何度でもサブスクライブできます。サブスクリプションサービスの時間も自由に選択できます。サブスクリプション期間中、Microsoftは新しい機能と更新プログラムを提供できます。複数のコンピューターで使用できますが、タイムアップ時に料金を支払う必要があります。 要約すると、より柔軟な支払い方法を備えたoffice365を購入することをお勧めします。購読することなく新しい機能を体験できます。 もちろん、自分の状況に基づいて最適な購入方法を選択する必要もあります。

 

 

 

 

良いテキスト参照

 

ACCESS RUNTIME無料版ダウンロード2010,2013,2016,2019,365 Access 2016 価格 とAccess 2019の価格比較、機能の紹介及びAccessの購入先 初心者向けAccess2016 2019、Accessを始める方法  
       
Microsoft Office Visio 2016 価格、概要とOffice Visio 2019 Office 2019の価格と機能まとめ及びインストール方法を徹底解説! Office 2016 docとdocxの違いは何ですか? 互換性はどうですか?  
       
Office 2019のどれを選択すればお得?Office 2019の種類 Office 2019をダウンロード、インストール、およびライセンス認証方法 Office Access 2019のインストール方法 徹底解説