Microsoft Office 2010は1年以内にサポートを終了します

すべてのソフトウェアのサポートは終了し、Office 2010は2020年10月13日にサポートを終了します。マイクロソフトは、ビジネスユーザーおよびホームユーザーがOffice 365または2019のいずれか適切な方へのアップグレードを検討することを強く推奨します。

 

Office 2010サポート終了

 

すべての人が新しいバージョンのOfficeに移行するには1年で十分です。MicrosoftがFastTrackやSoftware Assurance Planning Serviceなどの展開プログラムを提供している場合は、選択したものに移行できます。 この1年間、セキュリティ更新プログラムとバグ修正が提供されますが、新機能は提供されません。

Office 2019は、企業がライセンスごとに1台のコンピューターで購入できる1回限りの購入です。

固定のタスクフォースと少ないユーザーにはうまくいくかもしれませんが、より柔軟なソリューションを探しているなら、Office 365エンタープライズプランは価値があるはずです。 ただし、2019とOffice 365には大きな違いがあります。

1つの違いは、Office 2019には2018年10月にリリースされたものと同じ機能しかないことです。

代わりに、Office 365 ProPlusは月に1回、新しい機能で定期的に更新されます。 さらに、Office 365 ProPlusはユーザーベースのライセンスモデルを使用します。

これにより、最大5台のPCまたはMacとモバイルデバイスにOfficeをインストールできます。

ユーザーはいつでも追加または削除して、料金を支払うことができます。

 

マイクロソフトでは、次の基準に基づいて評価することをお勧めします。

  • 必要な言語を含む、クライアントの数と分布。
  • オペレーティングシステム、モバイルデバイスのサポート、ユーザーのアクセス許可と管理、ソフトウェア配布方法などのITインフラストラクチャ。
  • インターネットおよび内部ソフトウェア配布ポイントへの接続を含むネットワークインフラストラクチャ。
  • 既存のOffice 365機能、ユーザーライセンス、およびIDを含むクラウドインフラストラクチャ。

さらに、MicrosoftはOffice 2019がスイートまたはスタンドアロン製品の最後の販売であることを発表しました。

 

Office 2013 購入・価格30歳のOfficeはどんなサプライズをもたらしますか?

OfficeコミュニティにとってのOfficeの重要性は、ゲームファンにとってのSteamプラットフォームの重要性に似ています。 1989年のOfficeスイートは、Macintoshプラットフォームで30年間デビューし、Word、ExcelPowerPointからAccessOutlook

記事を読む…