PowerPointとは何ですか? 価格、購入方法、使用方法の完全解説

PowerPointは、プレゼン資料を作成するための不可欠なプレゼンテーションソフトウェアであると言えます。

価格、購入方法、便利な使い方を説明します。 PowerPointの無料使用方法も紹介します。

目次

PowerPointとは?

PowerPointPowerPoint)は、わかりやすく印象的で効果的な資料の作成に最適なMicrosoftの最高のプレゼンテーションソフトウェアです。 プ

レゼンテーションソフトウェアに関しては、Microsoft PowerPointに加えて、「Googleスライド」、「Impress」、「Prezi」、「Keynote」なども挙げられますが、PowerPointは代表的なソフトウェアです。

PowerPointはプレゼンテーションの代表的なソフトウェアであり、独自の機能を備えているため、資料を作成するのに非常に便利なツールです。

特に、PowerPointPowerPoint)の最新バージョンであるPowerPoint 2019には、スライドショーの作成、テキストの強調表示の使用、3Dモデルの挿入などに使用できる切り替え効果などの便利な機能が追加されています。

PowerPointを購入する

PowerPointを購入する方法はいくつかありますので、順番に見てみましょう。

PowerPoint 2019単体製品を購入する

PowerPoint 2019は単体製品を購入できます。 最大2台のWindows 10 PCまたはMacにインストールできます。 WindowsMacの互換性について心配する必要はありません。 そのため、ビジネスの場ではとてもに重宝することでしょう。

ただし、PowerPoint 2019の単体製品は15,000円で販売されているため、安くありません。 パソコンにOffice Personal 2016またはOffice Personal 2019があり、PowerPoint 2019のみが必要な場合は、購入できます。

Office Home and Business 2019 を購入する

store.shopping.yahoo.co.jp

これは、Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019、Outlook 2019のセットとして販売されている製品です。 2台のWindows 10 PCまたはMacにインストールできます。

特に、Office Home and Business 2019はWindows 10 PCとMac両方対応できるため、Windows / MacPowerPoint 2019、Word 2019、Excel 2019、Outlook 2019を使用するユーザーに推奨されます。

Office Home and Business 2019の値段は37,000円ですが、4つのアプリケーションが含まれているのでお得です。

Office Professional 2019 を購入する

store.shopping.yahoo.co.jp

Office Professional 2019には、Word、ExcelPowerPointOutlook、Publisher、およびAccessアプリケーションが含まれていますが、価格は高いです。

PowerPointを使用するのに60,000円以上かかるため、購入する必要はないと思います。

さらに、Office Professional 2019製品は2つのWindows 10のみをサポートします。 Macとの互換性はありません。

Office Home and Student 2019 for Mac を購入する

Office Home and Student 2019 for MacMac対応製品であり、Word、ExcelPowerPointの3つのアプリケーションが含まれています。MacPowerPointを使う方にお勧めです。

2台のMacにインストールできます。

Office 365 Soloを契約する

Office 365 Soloは、個人用のOffice 365サブスクリプションです。 毎月または毎年の契約が必要です。 永続ライセンスではありません。 追加料金が発生します。

常に最新バージョンのWord、ExcelPowerPoint、およびOutlookを使用できます(PublisherとAccessWindows PCでのみ使用可能です)。

PowerPointを使うコストと価格

PowerPointの単体製品の購入やセットで入手する方法を紹介しました。 パワーポイント単体製品とOffice 2019製品は永続ライセンスで一回購入すれば永久に使えます。

ただし、Office 365 Soloはサブスクリプション版であり、月額料金がかかります。 PowerPointを使用しての価格とコストを確認しましょう。

表によると、PowerPointを単体製品として購入する場合、15,984円です。

ただし、Office Home&Business 2019を購入すると、Word 2019、Excel 2019、Outlook 2019、およびPowerPoint 2019の4つのアプリケーションを37,584円で使用できます。

PowerPoint 2019を単体製品として購入するよりも優れているようです。 しかも、Office Home&Business 2019は、Windows 10およびMacで利用できます。

PowerPoint 2019をMacのみで使うならOffice Home and Student 2019 for Macがお得です。 Office 2019バージョンはWindows 10のみ対応して、Windows 8.1 / 7には対応しません。

しかし、今もWindows 8.1 / 7を利用しているユーザーが多いですね。そして、Windows 8.1 / 7パソコンでOfficeを使うにはOffice 365 Soloを選択することにするでしょう。

PowerPointを無料で使用する方法

PowerPointを購入してプレゼン資料を作成したいのですが、PowerPointを単体で購入しても、15,000円以上かかります。 このお金を使いたくない場合は、PowerPointを無料で使用できます。

Microsoftアカウントをお持ちの場合は、PowerPoint Onlineを無料で使用できます。 MicrosoftPowerPoint Onlineを無料で提供しているため、PowerPointのすべての機能を使用できるわけではありません。

まとめ

以上はPowerPointを購入する6つの方法を紹介しました。

機能と価格でそれらを入手する方法を比較しました。

PowerPointだけではなく、PowerPointとOffice 2019を一緒に購入するのがお得だと思います。

お得といえば、「PowerPoint Online」は無料ですが、やはり機能面では十分ではありません。

Office 365 Soloはすばらしいですが、高価だと思います。

参考リンク

superofficeのブログ About OFFICE マイクロソフトAccess  
     
MS Office Access 2013/2016/2019 ダウンロード版 激安価格で販売しております! MS OfficeソフトMS Office 2013、2016、2019、Office for Mac、Accessなど製品についての情報を共有します。 Officeをもっと知りたい!Officeの価格、種類、最もお得な入手方法を紹介します。  
       
Office/Access/VisioについてのBlog Microsoft Office Access 情報 Office 2016 ダウンロード版.安く買える.Office Macを価格で安く入手!  
         

Visio小技・テンプレートから図面とフローチャートを作成する

目次

テンプレートから図面を作成する

Visio テンプレートを使用すると、図の作成をすぐに始めることができます。

テンプレートを開く、テンプレートを検索する

  • [ファイル]>[新規] の順に選択します。
  • すべてのテンプレートを参照するには、[カテゴリ] を選択します。
  • カテゴリ内のすべてのテンプレートを表示するには、目的のカテゴリを選択します。
  • テンプレートを選択し、テンプレートの説明を読み、左右の矢印を選択して、カテゴリ内の他のテンプレートを参照します。
  • 使用するテンプレートを選択して、[作成] を選択します。

図内の図形を削除する

  • 図形を選択します。
  • Del キーを押します。

図形を変更する

  • 図形を選択します。
  • [ホーム] > [図形の変更] を選択します。
  • 新しい図形を選択します。

新しい図形を接続する

  • 既存の図形を選択します。
  • 新しい図形を表示する方向に矢印を向けます。
  • 追加する図形を選択します。

図形にテキストを追加する

  • 図形を選択します。
  • [文字列] を選択し、図形に新しい文字列を入力します。
  • Enter キーを押します。

コネクタと図形を移動する

  • コネクタを選択し、移動先の図形のポイントにドラッグします。
  • 図内の図形を揃えるには、図形を選択し、目的の図形に合わせてドラッグします。

図を保存する

  • [ファイル]>[名前を付けて保存] の順に選択します。
  • 場所を選択します。
  • ファイル名を入力します。
  • [保存] を選択します。

フローチャートを作成する

フローチャート テンプレートには、さまざまな種類のプロセスを表示するために使用できる図形が含まれています。

基本フローチャートのテンプレートを開く

  • [ファイル]>[新規] の順に選択します。
  • [基本フローチャート] を選択します。
  • [作成] を選びます。

図形の追加と接続

  • 必要に応じて、[基本フローチャート用図形] ステンシルを選択します。
  • フローチャート図形を選択し、図面ページにドラッグします。
  • 図形をポイントし、追加する次の図形の方向を示す矢印をポイントします。
  • 追加する図形を選択します。

図形を接続する

  • [ホーム]>[接続] の順に選択します。
  • 図形の中央をポイントし、図形に輪郭が表示されることを確認します。
  • 接続する図形の中心まで線を描画します。
  • 通常の編集に戻るには、[ホーム]>[オブジェクト​​選択ツール] の順に選択します。
  • コネクタの外観を変更するには、コネクタを選択し、[線] を選択し、色、線の太さ、点線のスタイル、および矢印のスタイルを選択します。

図形またはコネクタにテキストを追加する

  • 図形またはコネクタを選択します。
  • テキストを入力します。
  • 図面ページの空白領域を選択します。
  • テキストを移動するには、図形またはコネクタを選択し、[ホーム]>[テキスト ブロック] の順に選択し、テキストを別の位置にドラッグし、[ホーム]>[オブジェクト選択ツール] の順に選択します。

整列と間隔調整を自動的に修正する

  • 図面ページ上のすべてのオブジェクトを選択するには、Ctrl キーを押しながら A キーを選択します。
  • [ホーム]>[位置]>[自動整列と自動間隔調整] の順に選択します。結果が希望どおりでない場合は、Ctrl キーを押しながら Z キーを押し、その他の [整列と間隔] オプションを試してみてください。

Visioを激安で入手する方法 https://store.shopping.yahoo.co.jp/seegull/

 

store.shopping.yahoo.co.jp

参考リンク

ACCESS RUNTIME無料版ダウンロード2010,2013,2016,2019,365 Access 2016 価格 とAccess 2019の価格比較、機能の紹介及びAccessの購入先 初心者向けAccess2016 2019、Accessを始める方法  
       
Microsoft Office Visio 2016 価格、概要とOffice Visio 2019 Office 2019の価格と機能まとめ及びインストール方法を徹底解説! Office 2016 docとdocxの違いは何ですか? 互換性はどうですか?  
       
Office 2019のどれを選択すればお得?Office 2019の種類 Office 2019をダウンロード、インストール、およびライセンス認証方法 Office Access 2019のインストール方法 徹底解説  
       

Microsoft Office 2019の再インストールについての注意事項

Microsoft Office 2019を再インストールする際の注意点として、プロダクトキーが関連付けるられたMicrosoftアカウントが必要であり、プロダクトキーは必要ありません。

「Office 2019を再インストールできません」と言ったユーザーの99%がプロダクトキーを入力しました。

Office 2019の再インストール時のトラブル対策

まず、Office 2019を再インストールする際の一般的な問題と解決策をいくつか紹介します。

これらの問題を考えながら、誰でも簡単に再インストールできるはずです。 参照にしてください。

1.再インストール中にプロダクトキーを入力するのエラー

f:id:superoffice:20200121173628p:plain


 Office 2019の再インストール時にMicrosoftアカウントにプロダクトキーを入力すると、「このプロダクトキーは既に使用されています」と表示され、再インストールできません。

以前と同じプロダクトキーでOffice 2019を再インストールする場合、プロダクトキーは必要ありません。 プロダクトキーに関連付けられているアカウントを使用して、Microsoft Officeページにサインインしてインストールしてください。

2.再インストールできないトラブルが発生した場合

Microsoftアカウントでサインインしても、再インストールできません。 この時点で、次の2つの手順に従って解決を試してください。

1. Office 2019の再インストール中にエラーが発生し、中止した場合は、一度キャンセルしてからPCを再起動してください。 他の多くのアプリケーションが起動されており、インストールができない場合があります。

2.以前のOffice 2019が完全に削除されず、一部の機能データが保持され、インストールが妨げられる可能性があるため、Eazy Fixを使用して以前のOffice 2019を完全に削除してください。 Office 2019のセットアップ時に使用したMicrosoftアカウントとパスワードを書き留めて保管することを忘れないでください。 これは、再インストールに1番欠かせないものです。

Microsoft Office 2019の再インストールプロセス

Office 2019を再インストールするには、次の手順を実行します。

1.公式のMicrosoft Office Webサイトにアクセスしてサインインします。

2. Microsoftアカウントでサインインします。

 

f:id:superoffice:20200121173648p:plain

 

パスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。 

 

f:id:superoffice:20200121173704p:plain

3. [Officeのインストール]をクリックします。

 

f:id:superoffice:20200121173731p:plain



 

4. [自分のサブスクリプションとOffice 製品をすべて表示する]をクリックします。 

f:id:superoffice:20200121173745p:plain

5. [インストール]ボタンをクリックします。

f:id:superoffice:20200121173755p:plain


 6. [Office 2019のダウンロードとインストール]ウィンドウが表示されたら、[その他のオプション]をクリックし、言語と32ビット版または64ビット版を選択して、[インストール]ボタンをクリックします。

言語とバージョンを選択しない場合は、「日本語」と「64ビット版のOffice」がインストールされます。

f:id:superoffice:20200121173809p:plain

 7. [実行]をクリックします。

f:id:superoffice:20200121173820p:plain



 

8.インストールの準備を開始します。

f:id:superoffice:20200121173830p:plain

 

9.インストールが完了するまで待ちます。 

 

f:id:superoffice:20200121173844p:plain



10.インストールが完了しました。 「閉じる」をクリックします。

f:id:superoffice:20200121173854p:plain


 これで、Office 2019の再インストールが完了します。

Office 2019買い切り版

ヤフーショッピングでOffice 2019を安く販売中、永続版/正規版

価格も含めてYahooショッピングで確認してみてください↓ https://store.shopping.yahoo.co.jp/seegull/

参考リンク

superofficeのブログ About OFFICE マイクロソフトAccess  
     
MS Office Access 2013/2016/2019 ダウンロード版 激安価格で販売しております! MS OfficeソフトMS Office 2013、2016、2019、Office for Mac、Accessなど製品についての情報を共有します。 Officeをもっと知りたい!Officeの価格、種類、最もお得な入手方法を紹介します。  
       
Office/Access/VisioについてのBlog Microsoft Office Access 情報 Office 2016 ダウンロード版.安く買える.Office Macを価格で安く入手!  
         

Microsoft Office 2019の再インストールについての注意事項

Microsoft Office 2019を再インストールする際の注意点として、プロダクトキーが関連付けるられたMicrosoftアカウントが必要であり、プロダクトキーは必要ありません。

「Office 2019を再インストールできません」と言ったユーザーの99%がプロダクトキーを入力しました。

Office 2019の再インストール時のトラブル対策

まず、Office 2019を再インストールする際の一般的な問題と解決策をいくつか紹介します。

これらの問題を考えながら、誰でも簡単に再インストールできるはずです。 参照にしてください。

1.再インストール中にプロダクトキーを入力するのエラー

Office 2019の再インストール時にMicrosoftアカウントにプロダクトキーを入力すると、「このプロダクトキーは既に使用されています」と表示され、再インストールできません。

以前と同じプロダクトキーでOffice 2019を再インストールする場合、プロダクトキーは必要ありません。 プロダクトキーに関連付けられているアカウントを使用して、Microsoft Officeページにサインインしてインストールしてください。

2.再インストールできないトラブルが発生した場合

Microsoftアカウントでサインインしても、再インストールできません。 この時点で、次の2つの手順に従って解決を試してください。

1. Office 2019の再インストール中にエラーが発生し、中止した場合は、一度キャンセルしてからPCを再起動してください。 他の多くのアプリケーションが起動されており、インストールができない場合があります。

2.以前のOffice 2019が完全に削除されず、一部の機能データが保持され、インストールが妨げられる可能性があるため、Eazy Fixを使用して以前のOffice 2019を完全に削除してください。 Office 2019のセットアップ時に使用したMicrosoftアカウントとパスワードを書き留めて保管することを忘れないでください。 これは、再インストールに1番欠かせないものです。

Microsoft Office 2019の再インストールプロセス

Office 2019を再インストールするには、次の手順を実行します。

1.公式のMicrosoft Office Webサイトにアクセスしてサインインします。

2. Microsoftアカウントでサインインします。

 

 

パスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。

 

3. [Officeのインストール]をクリックします。

 

4. [自分のサブスクリプションとOffice 製品をすべて表示する]をクリックします。 5. [インストール]ボタンをクリックします。 6. [Office 2019のダウンロードとインストール]ウィンドウが表示されたら、[その他のオプション]をクリックし、言語と32ビット版または64ビット版を選択して、[インストール]ボタンをクリックします。

言語とバージョンを選択しない場合は、「日本語」と「64ビット版のOffice」がインストールされます。

7. [実行]をクリックします。

 

8.インストールの準備を開始します。

 

9.インストールが完了するまで待ちます。

 

10.インストールが完了しました。 「閉じる」をクリックします。 これで、Office 2019の再インストールが完了します。

Office 2019買い切り版

ヤフーショッピングでOffice 2019を安く販売中、永続版/正規版 価格も含めてYahooショッピングで確認してみてください↓ https://store.shopping.yahoo.co.jp/seegull/

参考リンク

superofficeのブログ About OFFICE マイクロソフトAccess  
     
MS Office Access 2013/2016/2019 ダウンロード版 激安価格で販売しております! MS OfficeソフトMS Office 2013、2016、2019、Office for Mac、Accessなど製品についての情報を共有します。 Officeをもっと知りたい!Officeの価格、種類、最もお得な入手方法を紹介します。  
       
Office/Access/VisioについてのBlog Microsoft Office Access 情報 Office 2016 ダウンロード版.安く買える.Office Macを価格で安く入手!  
         

Visio 小技・ 図形を追加して書式を設定する

情報を伝達する図形を図に追加し、色や特殊効果を加えて見た目をよくします。

図形の追加

  • 追加する図形を含むステンシルを選択します。
  • 図形を選択し、図面ページにドラッグします。
  • 図形をポイントし、追加する次の図形の方向を示す矢印をポイントします。

注: [オートコネクト​​] の矢印が表示されない場合は、[表示] を選択し、[オートコネクト​​] をオンにします。 追加する図形を選択します。

図形を選ぶ 図形を別の図形に変更する

  • 変更する図形を選択します。
  • [ホーム] > [図形の変更] を選択します。
  • 図形とステンシルを参照して、必要な図形を見つけます。
  • 図形を選択します。 元の図形に適用されているすべてのテキストと書式設定が新しい図形に適用されます。

図形を回転または反転させる 図形のサイズを変更する 図形を移動する 図形の見た目を変更する

図形を選択します。 [ホーム] タブでスタイルのオプションを選択します。

  • [クイック ​​スタイル] - 線と塗りつぶしの組み合わせを選択します。
  • [塗りつぶし] - 図形を塗りつぶす色、グラデーション、またはパターンを選択します。
  • [線] - 線の色、線の太さ、または線の種類を選択します。
  • [効果] - 影、反射、光彩、または 3-D 効果を選択します。

Visioを激安で入手する方法 https://store.shopping.yahoo.co.jp/seegull/

参考リンク

ACCESS RUNTIME無料版ダウンロード2010,2013,2016,2019,365 Access 2016 価格 とAccess 2019の価格比較、機能の紹介及びAccessの購入先 初心者向けAccess2016 2019、Accessを始める方法  
       
Microsoft Office Visio 2016 価格、概要とOffice Visio 2019 Office 2019の価格と機能まとめ及びインストール方法を徹底解説! Office 2016 docとdocxの違いは何ですか? 互換性はどうですか?  
       
Office 2019のどれを選択すればお得?Office 2019の種類 Office 2019をダウンロード、インストール、およびライセンス認証方法 Office Access 2019のインストール方法 徹底解説  
       

Microsoft Officeを比較! Office 2019とOffice 365

昔は、Officeは買い切り版の(パッケージ版)ソフトでしたが、最近はサブスクリプション(月額・年額制)により複雑になり、どれを購入するかを迷ってしまう人も多いです。

この記事で伝えること

  • Officeにはどんな種類があるの?
  • 永続ライセンスとサブスクリプションの違い
  • おすすめ!使用用途別に紹介

目次

Office の種類

大きく分類すると3種類あります。

  • 永続ライセンス「Office 2019」(従来のパッケージ版、買い切り型のソフトウェア)
  • サブスクリプション「Office 365」(月額・年額制)
  • プレインストール版Office Premium(PC購入時にインストールされてる)

永久ライセンスの特徴

  • 従来のパッケージ版Office
  • 一度購入して、サポート期限が切れるまで使用する
  • 購入後一切無料
  • 永続ライセンス版はiOSAndroidには対応されません

Officeのサポート期限は何ですか

永続ライセンスを購入すると、永続に使用できるというと、そうではありません。

マイクロソフト製品は、発売後少なくとも5年間のメインストリームサポートを提供し、その後少なくとも5年間のサポートを延長します。 2つのサポートを合わせると、合計10年間のサポートがあります。

メインストリームサポートと延長サポートの違いを簡単に説明します。

メインストリームサポート:新しい機能とセキュリティ更新プログラムが提供されます

延長サポート:利用可能なセキュリティアップデートのみ つまり、延長サポートの期間を過ぎた後に脆弱性が発見されても、対策は講じられず、非常に危険な状態になってしまう可能性があります。

ウイルスやランサムウェアに攻撃されるリスクが増加します。 延長サポート期間が終了した後でもOfficeを起動でき、引き続き使用できますが、お勧めしません。

それでは、サポート期間が終了するまでのライフサイクルを考えてみましょう。

Office 2019の延長サポートは、Office 2016と同じ日に終了することに注意してください。

永続ライセンスのOfficeを購入した場合は、延長サポートが切れる前に買い替えることを検討してください。

Officeのバージョン 延長サポートの終了日
Office 2010 2020年10月13日
Office 2013 2023年4月11日
Office 2016 2025年10月14日
Office 2019 2025年10月14日

サブスクリプションの特徴

サブスクリプションとは

この方法は、アプリケーション(ソフトウェア)またはサービス契約中にのみ支払います。 月額XXX円、年額XXX円と同じです。 今まで、Officeは買い切り型(パッケージ版)であり、長期間使用できますが、「Office 365」と呼ばれるサブスクリプション型を使用できるようになりました。

Andorid、iOS対応

iOS Andoridアプリは無料で使用できますが、Office 365にサインアップすると、すべての機能を使用できます。

常に最新バージョンを使用できる

Officeは2007年、2010年、2013年、2016年、2019年、および約3年でアップグレードされました。 新しいバージョンがリリースされるたびに新しいバージョンを購入したユーザーには、サブスクリプション版が推奨されます。

Office 365 Business・Office 365 Business Premiumの注意点

既にMicrosoftアカウントを持っている場合でも、Office 365 BusinessおよびOffice 365 Business Premiumを使用することはできません。 新しいビジネス用アカウントを作成します。

Office 365 Soloは家庭向け、Office 365 BusinessおよびOffice 365 Business Premiumは会社用ですが、個人でもサインアップできます。 既にOneDriveがある場合は、新しいものをアップロードする必要があります。

プレインストール版Office Premium

PCを購入すると最初からインストールされているOfficeは「プレインストール版」と呼ばれ、パッケージ版とは異なります。 プレインストール版は、購入時のPCでのみ使用できます。

場合によっては、CD-ROMのプレインストール版を別のPCにインストールすることもできますが、これはライセンス違反であることに注意してください。

回は、OfficeをPCなしで購入するため、Office Premiumのプレインストール版は比較から除外されました。

Office含めるアプリと価格の比較

Office 2019はWindowsで対応しているバージョンはWindows 10のみです。ご注意ください。

プラン 購入方法 使えるアプリ インストール台数 価格(税込)
Office Professional 2019 永続ライセンス (買い切り型) Word Excel PowerPoint Outlook Publisher Access 2台のPC ※Mac版はありません ※OSはWindows 10のみ 65,784円
Office Home & Business 2019 永続ライセンス (買い切り型) Word Excel PowerPoint Outlook 2台のPC ※MacWindows 10のみ 38,284円
Office Personal 2019 永続ライセンス (買い切り型) Word Excel Outlook 2台のPC ※Mac版はありません ※OSはWindows 10のみ 32,784円
Office 365 Solo サブスクリプション Word Excel PowerPoint Outlook Publisher(Windowsのみ) AccessWindowsのみ) OneDrive(1TB) Skype(通話が毎月60分間無料) インストールは無制限 同時に5台まで使用可能 12,984円/年契約 1,284円/月間契約
Office 365 Business サブスクリプション Word Excel PowerPoint Outlook Publisher(Windowsのみ) AccessWindowsのみ) OneDrive(1TB) 合計15台 最大で5台のWindows PCまたはMac、 5台のタブレット、 および5台のスマートフォン 11,800円/年契約 1ヶ月あたり990円 ※年契約のみ
Office 365 Business Premium サブスクリプション Word Excel PowerPoint Outlook Publisher(Windowsのみ) AccessWindowsのみ) OneDrive(1TB) Exchange SharePoint Microsoft Teams メールボックス50GB 合計15台 最大で5台のWindows PCまたはMac、 5台のタブレット、 および5台のスマートフォン 17,952円/年契約 1ヶ月あたり1,793円 ※年契約のみ

※価格は税込です。

※永続ライセンス版はAmazonや家電量販店などで少しだけ割引されていることが多いですが、掲載しているのはMicrosoftの公式価格です。

使用年数と料金の比較

「Publisher」か「Access」が必要であれば永続ライセンス版Office Professional 2019を購入してサポートの切れる2025年までの5年間使用するとしてもサブスクリプションの方が若干お安くなっています。

使う年数 Office Professional 2019 Office Home & Business 2019 Office Personal 2019 Office 365 Solo Office 365 Business Office 365 Business Premium
1年目 65,784円 38,284円 32,784円 12,984円 11,800円 17,952円
2年目 65,784円 38,284円 32,784円 25,968円 23,600円 35,904円
3年目 65,784円 38,284円 32,784円 38,952円 35,400円 53,856円
4年目 65,784円 38,284円 32,784円 51,936円 47,200円 71,808円
5年目 65,784円 38,284円 32,784円 64,920円 59,000円 89,760円

※価格は定価で税込です。

使用用途別オススメOffice

Windowsで永続ライセンス版を使用するには、Windows 10が必要です。 Windows 8 / 8.1の場合、サブスクリプション版のみが選択できます。

永続ライセンス版「Office Professional 2019」が推奨する人

  • すべてのOfficeアプリケーションを使用したい
  • 2025年にサポート期間が切れになるまで、同じバージョンを使用し続けたい
  • Windowsでのみを使用する
  • Windows PC(Windows 10)に2つインストールできれば十分です
  • ショップでポイントとかセールなどで安く購入することができる

* Mac版はありません。

マイクロソフト自体がサブスクリプションを推しています。 サポート期間が通常よりも短いのはこのためかと思います。

store.shopping.yahoo.co.jp

永続ライセンス版「Office Home&Business 2019」が推奨する人

  • AccessとPublisherは使わない
  • PowerPointが必要
  • 2台のPCにインストールできれば十分です
  • 同じバージョンを3年以上使用し続ける

store.shopping.yahoo.co.jp

サブスクリプション型「Office 365 Solo」がオススメな人

  • AccessまたはPublisherを使用したいWindowsユーザー
  • WindowsMacの両方で使用したい
  • 「1か月あたり60分間の無料Skype通話」にメリットがある人

1つのアプリしかを使わない場合は、単体製品を購入する

ExcelまたはWordのみを使用したいユーザーの場合、単体製品(永続ライセンス)を購入できます。 1年以上使用する予定の場合は、単体製品の方が適しています。

store.shopping.yahoo.co.jp

参考リンク

superofficeのブログ About OFFICE マイクロソフトAccess  
     
MS Office Access 2013/2016/2019 ダウンロード版 激安価格で販売しております! MS OfficeソフトMS Office 2013、2016、2019、Office for Mac、Accessなど製品についての情報を共有します。 Officeをもっと知りたい!Officeの価格、種類、最もお得な入手方法を紹介します。  
       
Office/Access/VisioについてのBlog Microsoft Office Access 情報 Office 2016 ダウンロード版.安く買える.Office Macを価格で安く入手!  
         

Office 2019の価格と購入方法

2019年1月22日に、Microsoft Office家庭向けの最新バージョン「Office 2019」がリリースされました。

多くの方が「Office 2016を使用したこともないのに」または「最新のOffice 2019はいががでしょうか?」と言っています。

今回は、Office 2019、製品構成、および価格について説明します。 Microsoft Officeは、よく知られたWord、Excelなどを含むビジネス統合ソフトです。 ほとんどの人方は普通、ExcelやWordを単体購入するのではなく、Officeをスイートで購入します。

Office PremiumがプレインストールされたのPCも多く販売されています。 Windows 3.1時代以降、Microsoft Officeは3年ごとにアップグレードされています。 95、97、2000、XP、Office 2003、Office 2007、Office 2010、Office 2013、Office 2016、Office 2019さらに、Office 365と呼ばれるサブスクリプションバージョンがあります。

ただし、Office 2007はサポートされなくなったため、Office 2010、Office 2013、Office 2016、またはOffice 2019のどのバージョンを使用していますか? もちろん、新しいバージョンに変更するたびに、新しい機能を備えた新製品を立ち上げますが、実際、Office 2016あたりで「機能はもう現状で十分」だと考えています。

それでは、Office 2019で追加および変更された新機能は何ですか?

Office 2019 の機能

Office 2019の機能強化には、Office 2016のリリース後にOffice 365で更新された新機能、新しいインクツール、データタイプ、機能、翻訳および編集ツール、モーショングラフィックス、使いやすい機能が含まれます。 これらの新機能に加えて、次の変更点に注意する必要があります。

Office 2019はWindows 10のみをサポートします

Windows 10はOffice 2019をサポートしていますが、Windows 7またはWindows 8.1はサポートしていません。

Windows Installer(MSI)によって提供されない

インストールを構成して実行するには、Microsoftダウンロードセンターから無料でダウンロードできるOffice展開ツールを使用します。 以前のWindowsインストーラークロマトグラム(MSIは既にOfficeカスタマイズツールで使用されています)は使用されなくなりました。

Office 2019のサポート期間は合計7年

Office 2019のメインストリームサポート期間は約5年間に設定され、拡張サポート期間は2年間に設定されました。

Office 2019の動作環境

Office 2019はWindows 7またはWindows 8.1では動作できないことに注意してください。 さらに、Office 2019 for MacMacOSでサポートされており、MacOSは3つの最新バージョンでサポートされています。

macOSの新しいバージョンがリリースされると、MacのOffice 2019のオペレーティングシステム要件は、その時点で最新の3つのバージョン(macOSの新しいバージョンと以前の2つのバージョン)になります。

Office 2019製品

Office 2019の種類と販売形態