Access のテーブルにExcel のデータをインポートする方法

Access のテーブルを作成する方法や、テーブルにデータ (レコード) を追加する方法はいくつかあります。
今回は Access の既存のテーブルに、Excel ブックで管理しているレコードをインポートする方法についてご紹介します。

Access のデータベースに、[T_更新情報] テーブルがあり、現在レコードはゼロです。
ここに下の図の Excel ブックの 3 レコードをインポートしたいと思っています。




Access のテーブルと Excel ブックのワークシート上にあるデータのフィールド名とその順序は同じにしてあります。
フィールド名が同じであれば、フィールドの順序は違っても問題ありません。また、一部のフィールドだけしか Excel ブックにない (たとえば Access では 5 つフィールドがあるけど、Excel には 3 つしかフィールドがない) という場合も、フィールド名さえ同じなら問題ありません。

Excel ブックはもちろん保存してあります。

Excelデータのインポート

  1. リボンの [外部データ] タブの [インポートとリンク] グループの [新しいデータソース] をクリックし、[Excel] をクリックします。

    バージョンやアップデートの状態によっては、[インポートとリンク] グループに [Excel] と書かれたアイコンがあるかも。
    その場合はそちらをクリックしてください。


  2. [外部データの取り込み] ダイアログ ボックスの [参照] をクリックし、インポートしたいデータが含まれる Excel ブックを指定します。
     
     [レコードのコピーを次のテーブルに追加する] をオンにして、右側のドロップダウン リストでインポートしたい Access のテーブルを選択して、[OK] をクリックします。


  3. [スプレッドシート インポート ウィザード] が表示され、選択した Excel ブックの内容がプレビューされます。
     
     [次へ] をクリックします。


  4. 次の画面で [インポート先のテーブル] にテーブル名が正しく指定されていることを確認して [完了] をクリックします。

  5. [外部データの取り込み] ダイアログ ボックスの [閉じる] をクリックします。


  6. 指定したテーブルに Excel ブックのデータがインポートされます。

    テーブルを開いて確認してください。


Accessの購入アドレスとダウンロードインストール方法

Yahooショッピングで購入すると、価格はずっと安くなります。

【即決!迅速発送】Microsoft Access 2016 日本語[ダウンロード版](1 台の PC で利用可能)マイクロソフト アクセス 2016 永続ライセンス激安価格販売|sclass-store360截图16810307235014.png

Microsoft Office2019インストール時の注意点!詳しい~

Microsoft Officeは数年おきに新バージョンをリリースしており、2019年現在の最新版はOffice2019です。前バージョンのOffice2016から機能が加わった他にもインストール要件が大きく変更されており、購入前に用途に合った製品を調べておく必要があります。そこで今回はOffice2019へ乗り換える時の注意点についてご紹介します。

Office2019はWindows10とMacOS専用になった

Windows7や8.1のサポート終了が迫り製品サポートを打ち切るメーカーが出てきた中でついにOfficeもWindows10専用となりました。オフラインではまだまだ現役で動作するパソコンであってもOS次第では最新のOfficeを導入できないため、Officeが必要なら今のうちに旧バージョンのOfficeを購入しておくことをお勧めします。MacOSも3つ前までのバージョンしかサポートされないため、世代が古いMacではインストールを諦めざるを得ないこともあります。

Office2019と他のバージョンのOfficeは共存できない

かつてはファイルの互換性を維持するため一台のパソコンに複数バージョンのOfficeを導入することが行われていましたが、Office2019をインストールすると基本的に他のOffice製品は全てアンインストールされてしまいます。

仮にWord2013とExcel2013がインストール済みでPowerPoint2019をインストールすると、WordとExcelは削除されてPowerPointのみが使えるようになります。インストール方法を変更することで異なるバージョンのOfficeを共存させる方法もありますが条件が厳しくあまり現実的ではありません。

Office2019がインストールできるのは1製品のみ

Office2019を購入する前に確認しなければならないのは、どのソフトウェアを使用する予定があるかということです。OfficeはWordとExcelOutlookだけのPersonal、PersonalにPowerPointが加わったHome & Business、主要な製品が全て含まれるProfessionalの3パックと各アプリケーションが単体で発売されています。

一度Office2019をインストールしてしまうと他のOffice2019製品を追加することができず、高額なOfficeパックを買い直すことになります。以前はPersonalにPowerPoint単体で追加するということが可能でしたが、現在はHome & BusinessかProfessionalを購入するしかなくOfficeがバンドルされたパソコンを購入する際は要注意です。

Office2019とOffice2016は2025年までサポートされる

発売時期の異なるOffice2019とOffice2016ですが、どちらもMicrosoftのサポートは2025年10月までとなっています。Office製品は約3年ごとにリリースされており2025年頃には2世代以上新しいOfficeが登場していると思われます。

Officeより安価なOSの方が約10年とサポート期間が長く、購入するタイミング次第ではOSよりもOfficeの移行を先に考えなければなりません。

機能は追加されたが2年前のOffice365相当であり最新ではない

リリースされたばかりのOffice2019ですが、追加された機能は全てが最新のものという訳ではありません。Office製品はサブスクリプション方式のOffice365だけが常に最新の機能を使うことが可能で、買い切り型ライセンスのOffice2019では約2年前にOffice365へ実装された機能が追加されたのみです。

MicrosoftはOffice365への完全移行を目指しており、従来の買い切り型ライセンスへ対し価格と機能面で制約を課していると言えます。

まとめ

インストール要件がさらに厳しくなったOffice2019ですが、購入前に必要なOfficeパックを調べれば失敗することはほとんどありません。どのOffice製品を使うことになるか予測が難しい際はProfessionalを購入するか、Office365を短期間使ってみて判断することをおすすめします。

 

Microsoft Office2019の購入アドレスとダウンロードインストール方法

Yahooショッピングで購入すると、価格はずっと安くなります。

【即決!迅速発送】Microsoft Office 2019 Professional Plus 2019 日本語 マイクロソフト アクセス 永続ライセンス激安価格販売|sclass-store

f:id:superoffice:20200703154606p:plain

Office 365とOffice 2019のメリットは?完全に説明!

Office 365のメリット

Office 365のメリットと、おすすめのポイントをご紹介します。

メリット1: デバイスやOSを問わず利用可能

Office 365は、1ユーザーあたりOS (WindowsMac) を問わず、パソコン5台までOfficeアプリケーションをインストールできます。さらにタブレットスマートフォンへのインストールもそれぞれ5台まで可能です。

 

メリット2: もうサポート終了に悩まなくて良い

先程もお話したとおり、Office 365は常に最新版のOffice 365のバージョンをご利用いただけます。そしてもちろん、契約期間中はMicrosoftによるサポートの対象です。
今までは最低でも10年に1度はサポート切れ問題が発生し、社内の総務やIT部門担当者が頭を抱えることも多かったと思いますが、Office 365を使えば、もうサポート終了に悩まされることはありません!

 

メリット3:1TBのクラウドストレージが付属する

Office 365は、Office 2019にはない、1ユーザーあたり1TBの個人用クラウドストレージ (OneDrive for Business) が付いています。

オフィスで途中まで作っておいたドキュメントをOneDrive for Businessに保存しておいて、続きは出先のカフェや移動中の新幹線の中で...など、どこからでもクラウド上のファイルにアクセスできるので、場所を選ばず仕事ができて業務効率化に役立ちますね!

メリット4:月額払いもできるから、一回あたりの費用負担が軽い!

従来型の買い切りライセンスであるOffice 2019を購入する際には、初期費用として最初に多額のコストが発生しますが、Office 365は月額払いも可能。一度にかかるコストの負担を抑えられます。また、月額払いなら、従業員の急な増減にも柔軟に対応できますね。

更に、会計処理の考え方としても、OPEXで計上できる場合もあるので費用計上の処理がしやすいというメリットもあります。

 

Office 2019のメリット

次に、Office 2019のメリットについてみていきましょう。

メリット1:購入後の追加費用無しにずっと使用可能

永続ライセンスなので、一度購入してしまえば追加費用は発生しません。「延長サポートが切れるまで使いたい」という方に、おすすめです。

メリット2:オフライン環境で使える

Office 2019 はインストールすれば、ネット環境なくでも使えます。
Office 365はクラウドサービスなので、常時完全にオフラインとなる環境下では使用できません※が、Office 2019はインターネットに絶対に接続できない環境でも使えるので、そういった状況の中では利便性を感じます。

  • Office 365は、30日に1回の頻度でOfficeアプリケーションを起動時、ライセンス認証の通信が発生します。一時的なオフライン環境での利用は可能ですが30日に1回は必ずインターネットへの接続が必要です。

 

Office 2019と Office 365 soloの年毎のコストを比較

多くのユーザーが使用するであろう基本のHome&Businessと365の年数毎の費用を比較してみます。Professionalは価格が高いので365の圧勝なのでH&Bで検討します。そして、2016は5年後に2019に買い替えたとした場合の試算となります。

 

Office 2019 H&B

Office 365

GoogleDrive1TB

POSA費用

¥37,584

¥12,744

¥15,600

2年目

¥37,584

¥25,488

¥31,200

3年目

¥37,584

¥38,232

¥46,800

4年目

¥37,584

¥50,976

¥62,400

5年目

¥37,584

¥63,720

¥78,000

 

Office 2019の最新バージョンを購入する

f:id:superoffice:20200703154606p:plain

 

Office Personal 2019 必要なシステム

Office Personal 2019 とは

Office Personal 2019は、個人、家庭向け永続ライセンスです。

含まれるアプリケーションは、

の3つです。

買い切り型なので購入後、追加料金が発生しないというメリットがあります。

 

Windows 10パソコンにMicrosoft の基本ソフトをインストールしたい方にオススメです。

Office Personal 2019 日本語版 [Windows用] 【ダウンロード版 ...

必要システム

 

購入 した場合の必要なシステム条件
OS Windows 10
CPU 1.6 GHz、2 コア
メモリ 4 GB (64 ビット)、2 GB (32 ビット)
ハードディスク 4 GB の空きディスク領域
画面解像度 1280 x 768 の画面解像度
その他 Microsoft アカウント

 

 

 

PowerPointとは何ですか? 価格、購入方法、使用方法の完全解説

PowerPointは、プレゼン資料を作成するための不可欠なプレゼンテーションソフトウェアであると言えます。

価格、購入方法、便利な使い方を説明します。 PowerPointの無料使用方法も紹介します。

目次

PowerPointとは?

PowerPointPowerPoint)は、わかりやすく印象的で効果的な資料の作成に最適なMicrosoftの最高のプレゼンテーションソフトウェアです。 プ

レゼンテーションソフトウェアに関しては、Microsoft PowerPointに加えて、「Googleスライド」、「Impress」、「Prezi」、「Keynote」なども挙げられますが、PowerPointは代表的なソフトウェアです。

PowerPointはプレゼンテーションの代表的なソフトウェアであり、独自の機能を備えているため、資料を作成するのに非常に便利なツールです。

特に、PowerPointPowerPoint)の最新バージョンであるPowerPoint 2019には、スライドショーの作成、テキストの強調表示の使用、3Dモデルの挿入などに使用できる切り替え効果などの便利な機能が追加されています。

PowerPointを購入する

PowerPointを購入する方法はいくつかありますので、順番に見てみましょう。

 

PowerPoint 2019単体製品を購入する

PowerPoint 2019は単体製品を購入できます。 最大2台のWindows 10 PCまたはMacにインストールできます。 WindowsMacの互換性について心配する必要はありません。 そのため、ビジネスの場ではとてもに重宝することでしょう。

ただし、PowerPoint 2019の単体製品は15,000円で販売されているため、安くありません。 パソコンにOffice Personal 2016またはOffice Personal 2019があり、PowerPoint 2019のみが必要な場合は、購入できます。

Office Home and Business 2019 を購入する

www.officematestore.com


これは、Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019、Outlook 2019のセットとして販売されている製品です。 2台のWindows 10 PCまたはMacにインストールできます。

特に、Office Home and Business 2019はWindows 10 PCとMac両方対応できるため、Windows / MacPowerPoint 2019、Word 2019、Excel 2019、Outlook 2019を使用するユーザーに推奨されます。

Office Home and Business 2019の値段は37,000円ですが、4つのアプリケーションが含まれているのでお得です。

Office Professional 2019 を購入する

www.officematestore.com


 

Office Professional 2019には、Word、ExcelPowerPointOutlook、Publisher、およびAccessアプリケーションが含まれていますが、価格は高いです。

PowerPointを使用するのに60,000円以上かかるため、購入する必要はないと思います。

さらに、Office Professional 2019製品は2つのWindows 10のみをサポートします。 Macとの互換性はありません。

Office Home and Student 2019 for Mac を購入する

Office Home and Student 2019 for MacMac対応製品であり、Word、ExcelPowerPointの3つのアプリケーションが含まれています。MacPowerPointを使う方にお勧めです。

2台のMacにインストールできます。

Office 365 Soloを契約する

Office 365 Soloは、個人用のOffice 365サブスクリプションです。 毎月または毎年の契約が必要です。 永続ライセンスではありません。 追加料金が発生します。

常に最新バージョンのWord、ExcelPowerPoint、およびOutlookを使用できます(PublisherとAccessWindows PCでのみ使用可能です)。

PowerPointを使うコストと価格

PowerPointの単体製品の購入やセットで入手する方法を紹介しました。 パワーポイント単体製品とOffice 2019製品は永続ライセンスで一回購入すれば永久に使えます。

ただし、Office 365 Soloはサブスクリプション版であり、月額料金がかかります。 PowerPointを使用しての価格とコストを確認しましょう。

表によると、PowerPointを単体製品として購入する場合、15,984円です。

ただし、Office Home&Business 2019を購入すると、Word 2019、Excel 2019、Outlook 2019、およびPowerPoint 2019の4つのアプリケーションを37,584円で使用できます。

PowerPoint 2019を単体製品として購入するよりも優れているようです。 しかも、Office Home&Business 2019は、Windows 10およびMacで利用できます。

PowerPoint 2019をMacのみで使うならOffice Home and Student 2019 for Macがお得です。 Office 2019バージョンはWindows 10のみ対応して、Windows 8.1 / 7には対応しません。

しかし、今もWindows 8.1 / 7を利用しているユーザーが多いですね。そして、Windows 8.1 / 7パソコンでOfficeを使うにはOffice 365 Soloを選択することにするでしょう。

PowerPointを無料で使用する方法

PowerPointを購入してプレゼン資料を作成したいのですが、PowerPointを単体で購入しても、15,000円以上かかります。 このお金を使いたくない場合は、PowerPointを無料で使用できます。

Microsoftアカウントをお持ちの場合は、PowerPoint Onlineを無料で使用できます。 MicrosoftPowerPoint Onlineを無料で提供しているため、PowerPointのすべての機能を使用できるわけではありません。

まとめ

以上はPowerPointを購入する6つの方法を紹介しました。

機能と価格でそれらを入手する方法を比較しました。

PowerPointだけではなく、PowerPointとOffice 2019を一緒に購入するのがお得だと思います。

お得といえば、「PowerPoint Online」は無料ですが、やはり機能面では十分ではありません。

Office 365 Soloはすばらしいですが、高価だと思います。

参考リンク

superofficeのブログ About OFFICE マイクロソフトAccess  
     
MS Office Access 2013/2016/2019 ダウンロード版 激安価格で販売しております! MS OfficeソフトMS Office 2013、2016、2019、Office for Mac、Accessなど製品についての情報を共有します。 Officeをもっと知りたい!Officeの価格、種類、最もお得な入手方法を紹介します。  
       
Office/Access/VisioについてのBlog Microsoft Office Access 情報 Office 2016 ダウンロード版.安く買える.Office Macを価格で安く入手!  
         

Visio小技・テンプレートから図面とフローチャートを作成する

目次

テンプレートから図面を作成する

Visio テンプレートを使用すると、図の作成をすぐに始めることができます。

テンプレートを開く、テンプレートを検索する

  • [ファイル]>[新規] の順に選択します。
  • すべてのテンプレートを参照するには、[カテゴリ] を選択します。
  • カテゴリ内のすべてのテンプレートを表示するには、目的のカテゴリを選択します。
  • テンプレートを選択し、テンプレートの説明を読み、左右の矢印を選択して、カテゴリ内の他のテンプレートを参照します。
  • 使用するテンプレートを選択して、[作成] を選択します。

図内の図形を削除する

  • 図形を選択します。
  • Del キーを押します。

図形を変更する

  • 図形を選択します。
  • [ホーム] > [図形の変更] を選択します。
  • 新しい図形を選択します。

新しい図形を接続する

  • 既存の図形を選択します。
  • 新しい図形を表示する方向に矢印を向けます。
  • 追加する図形を選択します。

図形にテキストを追加する

  • 図形を選択します。
  • [文字列] を選択し、図形に新しい文字列を入力します。
  • Enter キーを押します。

コネクタと図形を移動する

  • コネクタを選択し、移動先の図形のポイントにドラッグします。
  • 図内の図形を揃えるには、図形を選択し、目的の図形に合わせてドラッグします。

図を保存する

  • [ファイル]>[名前を付けて保存] の順に選択します。
  • 場所を選択します。
  • ファイル名を入力します。
  • [保存] を選択します。

フローチャートを作成する

フローチャート テンプレートには、さまざまな種類のプロセスを表示するために使用できる図形が含まれています。

基本フローチャートのテンプレートを開く

  • [ファイル]>[新規] の順に選択します。
  • [基本フローチャート] を選択します。
  • [作成] を選びます。

図形の追加と接続

  • 必要に応じて、[基本フローチャート用図形] ステンシルを選択します。
  • フローチャート図形を選択し、図面ページにドラッグします。
  • 図形をポイントし、追加する次の図形の方向を示す矢印をポイントします。
  • 追加する図形を選択します。

図形を接続する

  • [ホーム]>[接続] の順に選択します。
  • 図形の中央をポイントし、図形に輪郭が表示されることを確認します。
  • 接続する図形の中心まで線を描画します。
  • 通常の編集に戻るには、[ホーム]>[オブジェクト​​選択ツール] の順に選択します。
  • コネクタの外観を変更するには、コネクタを選択し、[線] を選択し、色、線の太さ、点線のスタイル、および矢印のスタイルを選択します。

図形またはコネクタにテキストを追加する

  • 図形またはコネクタを選択します。
  • テキストを入力します。
  • 図面ページの空白領域を選択します。
  • テキストを移動するには、図形またはコネクタを選択し、[ホーム]>[テキスト ブロック] の順に選択し、テキストを別の位置にドラッグし、[ホーム]>[オブジェクト選択ツール] の順に選択します。

整列と間隔調整を自動的に修正する

  • 図面ページ上のすべてのオブジェクトを選択するには、Ctrl キーを押しながら A キーを選択します。
  • [ホーム]>[位置]>[自動整列と自動間隔調整] の順に選択します。結果が希望どおりでない場合は、Ctrl キーを押しながら Z キーを押し、その他の [整列と間隔] オプションを試してみてください。

Visioを激安で入手する方法 https://www.officematestore.com/shop/microsoft-office-visio-2016.html

 

www.officematestore.com

参考リンク

ACCESS RUNTIME無料版ダウンロード2010,2013,2016,2019,365 Access 2016 価格 とAccess 2019の価格比較、機能の紹介及びAccessの購入先 初心者向けAccess2016 2019、Accessを始める方法  
       
Microsoft Office Visio 2016 価格、概要とOffice Visio 2019 Office 2019の価格と機能まとめ及びインストール方法を徹底解説! Office 2016 docとdocxの違いは何ですか? 互換性はどうですか?  
       
Office 2019のどれを選択すればお得?Office 2019の種類 Office 2019をダウンロード、インストール、およびライセンス認証方法 Office Access 2019のインストール方法 徹底解説  
       

Microsoft Office 2019の再インストールについての注意事項

Microsoft Office 2019を再インストールする際の注意点として、プロダクトキーが関連付けるられたMicrosoftアカウントが必要であり、プロダクトキーは必要ありません。

「Office 2019を再インストールできません」と言ったユーザーの99%がプロダクトキーを入力しました。

Office 2019の再インストール時のトラブル対策

まず、Office 2019を再インストールする際の一般的な問題と解決策をいくつか紹介します。

これらの問題を考えながら、誰でも簡単に再インストールできるはずです。 参照にしてください。

1.再インストール中にプロダクトキーを入力するのエラー

f:id:superoffice:20200121173628p:plain


 Office 2019の再インストール時にMicrosoftアカウントにプロダクトキーを入力すると、「このプロダクトキーは既に使用されています」と表示され、再インストールできません。

以前と同じプロダクトキーでOffice 2019を再インストールする場合、プロダクトキーは必要ありません。 プロダクトキーに関連付けられているアカウントを使用して、Microsoft Officeページにサインインしてインストールしてください。

2.再インストールできないトラブルが発生した場合

Microsoftアカウントでサインインしても、再インストールできません。 この時点で、次の2つの手順に従って解決を試してください。

1. Office 2019の再インストール中にエラーが発生し、中止した場合は、一度キャンセルしてからPCを再起動してください。 他の多くのアプリケーションが起動されており、インストールができない場合があります。

2.以前のOffice 2019が完全に削除されず、一部の機能データが保持され、インストールが妨げられる可能性があるため、Eazy Fixを使用して以前のOffice 2019を完全に削除してください。 Office 2019のセットアップ時に使用したMicrosoftアカウントとパスワードを書き留めて保管することを忘れないでください。 これは、再インストールに1番欠かせないものです。

Microsoft Office 2019の再インストールプロセス

Office 2019を再インストールするには、次の手順を実行します。

1.公式のMicrosoft Office Webサイトにアクセスしてサインインします。

2. Microsoftアカウントでサインインします。

 

f:id:superoffice:20200121173648p:plain

 

パスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。 

 

f:id:superoffice:20200121173704p:plain

3. [Officeのインストール]をクリックします。

 

f:id:superoffice:20200121173731p:plain



 

4. [自分のサブスクリプションとOffice 製品をすべて表示する]をクリックします。 

f:id:superoffice:20200121173745p:plain

5. [インストール]ボタンをクリックします。

f:id:superoffice:20200121173755p:plain


 6. [Office 2019のダウンロードとインストール]ウィンドウが表示されたら、[その他のオプション]をクリックし、言語と32ビット版または64ビット版を選択して、[インストール]ボタンをクリックします。

言語とバージョンを選択しない場合は、「日本語」と「64ビット版のOffice」がインストールされます。

f:id:superoffice:20200121173809p:plain

 7. [実行]をクリックします。

f:id:superoffice:20200121173820p:plain



 

8.インストールの準備を開始します。

f:id:superoffice:20200121173830p:plain

 

9.インストールが完了するまで待ちます。 

 

f:id:superoffice:20200121173844p:plain



10.インストールが完了しました。 「閉じる」をクリックします。

f:id:superoffice:20200121173854p:plain


 これで、Office 2019の再インストールが完了します。

Office 2019買い切り版

ヤフーショッピングでOffice 2019を安く販売中、永続版/正規版

価格も含めてYahooショッピングで確認してみてください↓ https://store.shopping.yahoo.co.jp/seegull/

参考リンク

superofficeのブログ About OFFICE マイクロソフトAccess  
     
MS Office Access 2013/2016/2019 ダウンロード版 激安価格で販売しております! MS OfficeソフトMS Office 2013、2016、2019、Office for Mac、Accessなど製品についての情報を共有します。 Officeをもっと知りたい!Officeの価格、種類、最もお得な入手方法を紹介します。  
       
Office/Access/VisioについてのBlog Microsoft Office Access 情報 Office 2016 ダウンロード版.安く買える.Office Macを価格で安く入手!